Q 鍼は痛くないですか?お灸は熱くないですか?

鍼というと注射針や縫物の針を想像されると思います。

当院も含め鍼治療で使用するものは殆どが髪の毛と同じくらいの細さです。

当院では0.14~0.18㎜の太さの鍼を良く使用します。

大人の髪の毛の太さがおよそ0.05~0.15㎜と言われているので、ほぼ髪の毛と同じ太さということになります。

鍼を刺す瞬間にチクっとすることはありますが、注射を打たれる時のような痛みはまずありません。

またお灸については比較的弱い刺激の物を数種類ご用意しております。

もぐさを直接乗せるお灸もありますが、通常直接乗せないタイプの物を使用してますので火傷などの心配はほとんどありません。

f687482d2e1b3458ab5fc8249943830e_s_3.jpg


Q 感染症は大丈夫ですか?

当院で使用している鍼は全て滅菌パックされたものを使用し、使用後は全て廃棄しておりますので、繰り返し使用することは断じてありません。

術者の手指消毒も徹底しておりますし院内の消毒も徹底しておりますので感染症の心配はまずありません。

026599.jpg


Q 健康保険は使えますか?

健康保険を使用して鍼治療を受診する場合は以下の二点が必須条件となります。

①該当の疾患があること
*該当疾患はこちらのご参照ください
➁医師の同意書があること

保険者によっては鍼灸の保健治療不可あるいは同意書を取得しても診断内容によって保険治療不可の場合もありますので、同意書を取得する前にご確認頂くことをお勧めします。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s_1.jpg


Q 妊娠してるのですが鍼治療しても大丈夫ですか?

当院は妊娠されている患者さんも施術致します。

横向きと仰向けで鍼灸施術致します。

逆子、つわりなど妊娠期特有の症状から、一般的な肩こり、腰痛、足のむくみなどまで通常通りの施術を行いますので安心してご来院ください。

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s.jpg


Q 小さい子供が一緒でも大丈夫ですか?

当院は自宅の一室を治療院にしており、ベッド一台で完全個室になっております。

他の患者さんはおりませんので気兼ねなく治療を受けていただけると思います。

治療を躊躇してるようでしたら是非ご相談ください。

712df8b12d006a1ddab3c0b75288099c_s_1.jpg


Q 治療前後に気を付けることはありますか?

治療前1時間以上前に食事を済ませてください。

治療前後1時間は激しい運動は避けてください。

治療前に飲酒されていると酔いが激しく回ったり、心臓に過度の負担が掛かる可能性がありますのでお控えください。

可能であれば施術後30分~1時間位は穏やかにお過ごしください。

20170422_144756_HDR640_3.jpg


Q どの位の頻度で通えばいいですか?

症状が重度または急性症状の場合、可能であれば施術後3日~1週間以内に再度ご来院ください。

当初の症状が落ち着いてきたら10日~2週間に1回程度、症状の改善がみられたら月1回程度の間隔で施術を受けられることをお勧めします。

慢性症状・自律神経症状の場合は継続的な施術を行うことが症状改善するために重要です。

最初の数回は週1回、少し改善が見られるようになったら10日~2週間に1回、症状が落ち着くまで月に1~2回の間隔で施術を受けられることをお勧めします。

その後はご自身のペースで構いません。

東洋医学には未病という考え方があり、未だ病になっていない状態で治療することが病気の予防になると考えられています。

定期的に身体をメンテナンスすることにより症状の発生を予防することが可能になりますので、健康の維持増進のためにも是非鍼灸治療をご自身の生活の一部に組み入れて頂くことをお勧めいたします。

monsin2-640-427.jpg


Q どうして鍼は効くのですか?

鍼が効くのは、人間の防御反応が関係しています。

鍼は人間にとって異物です。

異物が身体に刺さると緊急反応が起こります。

鍼の刺激は痛みと温かさを感じる経路を伝って脳に伝わります。(温痛覚⇒大脳皮質)

そうすると痛みを抑えようとモルヒネのような物質が出ます(鎮痛作用)。

そして痛みを感じさせる成分を早く流そうとして鍼が刺さっている周りの血管を広げます(軸索反射による血管拡張⇒血流改善)。

よって痛みが抑えられたり、凝りが解消されるのです。

それらをコントロールするのは自律神経ですので、自律神経も調整されるのです。

aiguille-1280088_1922.jpg


Q 副作用はありますか?

鍼灸治療に副作用はありませんが、瞑眩(めんげん)作用といって身体がだるくなったり眠気、ほてり、不定愁訴な痛みがでる場合があります。

これらは鍼灸刺激を受けて体内が活性化し改善に向かう過程の中で一過性に起こる現象です。数日で消失しますのでご安心ください。

5cceec5da80e1dfb5b9a9f03e9a259e2_s_3.jpg


Q 痛い時は温める?冷やす?

一般的に急性症状は冷やす、慢性症状は温めると言われております。

また急性症状が発症してから72時間(約3日間)は急性期といわれ炎症反応が最も強く症状が不安定な時期で痛みが増したりします。

炎症が強い場合は冷却に努めてください。

72時間以上経過すると慢性期といわれ保温しながら血行促進を促します。

急性期に鍼治療をしっかりすることで治癒期間が短縮されます。

af97d9cd25b11547301e359dd1a750ff_s_2.jpg


Q 整体と接骨と鍼灸は何が違うんですか?

接骨(整骨)は柔道整復師という国家資格、鍼灸は鍼師、灸師という国家資格、指圧あんまマッサージ師も国家資格です。

整体師、日本のカイロは民間の資格で有国家資格者ではありません。

無免許でこれらの行為を業として行うと処罰の対象になります。

【厚生労働省:あん摩マッサージ指圧業等の防止について】

ea91c1462756caf11b18388fa316c722_s_1.jpg


Q 痩せるツボはありますか?

耳つぼに痩身効果があるツボがあると言われています。

また体の各所に引き締めなどの効果があるツボが点在すると言われています。

鍼灸治療を続けることにより基礎代謝が上がれば必然的に痩身に向かう可能性があります。

それらは速攻性があるものではありませんが、運動、食事改善などと併用して中長期的に行うことで効果を感じていただけると思います。

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s_2.jpg


上記以外の疑問・質問はこちらのフォームでお問い合わせください

ハンドルネーム等でも可

a:339 t:2 y:3